DNS登録

MYDNSを使ってCentOS5上のサーバーにダイナミックドメインを割り当てる方法を記載する。

MYDNSでユーザー登録

http://www.mydns.jp/index.html?MENU=001

手順は割愛。上記URLを参照
ただし、以下のようにドメインを指定することに注意!

XXX.MYDNS.JP

自分でドメインを持っていない場合は、MYDNS.JPというサブドメインをつけないといけない。

fetchmailインストール

MyDNSでは「MyDNS.JP」に対してメールの受信をすることによって、マスターIDおよびドメインとIPアドレスの関連づけを行う。
このため、Linux上のメーラーfetchmailを使用してこれを実現する。

# yum -y install fetchmail ← Fetchmailインストール
# su - zeal
#  vi .fetchmailrc

-----

# 共通設定
set daemon 300 # 300秒間隔でメールチェックを行なう
set postmaster root # 最終的なメールの送信先
set no bouncemail # エラーメールをpostmasterに送る
set syslog # ログを/var/log/maillogに記録する

# 全サーバー共通デフォルト設定
defaults
  protocol auto
  no mimedecode
  no fetchall # 未読メールのみ取り込む場合
  #fetchall # 既読・未読にかかわらず全てのメールを取り込む場合
  no keep # 取り込んだメールをサーバー上から削除する場合
  #keep # 取り込んだメールをサーバー上に残しておく場合

# プロバイダアカウント宛メール取り込み設定※POP3のみでPOP3Sが提供されていない場合
poll www.mydns.jp # プロバイダ受信メールサーバー名
  protocol pop3
  port 110
  username "XXXXXXXX" # プロバイダユーザ名
  password "YYYYYYYY" # プロバイダパスワード
#  mda "/usr/sbin/sendmail centos@centossrv.com" # 転送先メールアドレス

-----

Fetchmail起動

[centos@centos ~]$ fetchmail ← Fetchmail起動

IP更新確認

http://www.mydns.jp/index.html?MENU=190

上で、

[2007/08/24 13:35:38] MyDNS.JP IpInfo Update! from MAIL (XXX.XXX.XXX.XXX)

のようにIPアドレスが更新された旨のログを表示していること。